本などの感想。ESTANTEはスペイン語/ポルトガル語で本棚という意味らしい。
カテゴリー  [ 著者名(ま) ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鴨川ホルモー/万城目 学

評価★★★(3/5)

この著者の本、いくつかタイトルは知っているけど読むのは初めて。

吉田戦車的なナンセンスを、はがき職人が小説にしたという感じ。京都が舞台のファンタジー物として比較されがちな森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』と比較すると、小説としての「出来」は『夜は...』の方が上だと思うけど、好き嫌いで言えばこっちの方が好き。あまり推敲していない感じがして、その分文章の勢いみたいなものが感じられて、読みやすかった。プロットもよくできていて、物語への興味は最後まで持続できた。

途中、どうしても映画が気になったので、DVDの録画しておいたのをさらっと観てみた。それなりにがんばって映像化しているっぽい。

スポンサーサイト
[ 2011/02/08 22:09 ] 小説 著者名(ま) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。