本などの感想。ESTANTEはスペイン語/ポルトガル語で本棚という意味らしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦役列車/西村賢太

評価★★(2/5)

芥川賞ということで。

経歴や、小説自体がなかなか興味深い紹介のされ方だったので、期待して読んでみた。

『カイジ』的な世界観を想像していたけど、どちらかというと『黒沢』。9割方実話とのことだけど、なんというか描かれている出来事などは、わりとありそうな話。文章は、なかなか軽妙で、コミカルなところもあって面白い。それが余計に全体を薄味に感じさせているのかも。

期待しすぎたせいか、かなり物足りなかった。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/20 17:15 ] 小説 著者名(に) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。